豆乳ローションの産みの親、Dr.Takahamaが研究に研究を重ね
ついに完成された最高傑作の豆乳ローションを発売開始

ジョルジオ・アルマーニは肩ラインを復活


ミラノコレクションの「ジョルジオ・アルマーニ」は肩のラインを復活させました。アルマーニカラーのグレーで仕上げた作品が印象的です。

原点回帰ですね。

エンポリオ・アルマーニにも注目しています。

エンポリオ・アルマーニ特集





以下、(原点回帰が合言葉 ミラノコレクション(産経新聞) より引用)






 「原点回帰」が2009〜10年秋冬ミラノコレクションの合言葉だった。有力ブランドはこぞってそれぞれの「得意技」を繰り出し、本領を発揮した。装う人を励ますかのようなボリューム肩やメガ襟ジャケット、超ロングブーツなど、見た目のはっきりした新アイテムが登場した半面、ミラノらしい丁寧な手仕事が装いの品格を高めてもいた。(ファッションジャーナリスト・宮田理江)




 「ドルチェ&ガッバーナ」は肩に風船を乗せたようなふんわりフェアリー(妖精)肩を打ち出した。耳たぶに届くほどのパフショルダーはパワフルでいてファンタスティック。直線的な肩パットとは異なるフェミニンな肩ラインを誕生させた。




 ミラノを近年にぎわしたプリント柄が減り、無地が主流になったのも今回の傾向だ。シルクサテンやベルベットのような光沢感のあるシャイニー生地が今ミラノの上質素材志向を映す。「ドルチェ&ガッバーナ」のドレープ豊かなつやめきドレスは動くたびに反射光が跳ね、ランウェイを華やがせた。黒主体の抑えた色トーンだったが、ショッキングピンクを差し色に80年代気分を持ち込んでもいた。




 ジャケット復活を宣言したのが「プラダ」。ジャケットを素肌にまとうという思い切った着こなしを提案した。無地の厚手ジャケットは極太幅の襟にダブルフロントというハンサムルック。それでいて鎖骨がのぞくまで広く胸元を開けたあでやか仕立てには、凡庸なメンズ焼き直しに終わらせないデザイナー魂がのぞく。




 太ももまで覆うレザーの「ヒップハイ・ブーツ」は「プラダ」が放ったキラーアイテム。先シーズンにヒットしたニーハイ・ブーツのさらに上をいく長さは意外感たっぷり。バスト下の高い位置にベルトを巻くウエストマークのテクニックはトップとボトムの関係を崩してみせた。




 「ジョルジオ・アルマーニ」は横一直線の肩ラインをよみがえらせた。無地の1ボタン・ジャケットは、アルマーニカラーと呼ばれるお得意のさめたグレーで仕上げた。肌とつかず離れずの新ボディコンシャスは80年代を単純な先祖返りに終わらせていない。




 削り込んだミニマルなフォルムで、長く細いボディーラインを印象付けた作品が今ミラノで目立った。レザーやファーを生地に重ねたり、色染めする、ミラノらしい職人技も冴(さ)えた。あざとい流行づくりを避けた今ミラノは、流行を消費するファストファッションの台頭を受けて、手仕事の厚みを誇るミラノの美意識や底力をあえて見せ付けているかのように見えた。




 ■みやた・りえ 複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験。ファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。オールアバウト「NYファッション」ガイド(http://allabout.co.jp/fashion/nyfashion/)。






引用はここまでです。







銀座EMPORIO ARMANIデジタルサイネージ







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。